教育方針

当園の保育の3原則

おかげ・かんしゃの気持ちを持てる子

「ありがとう」と言えることの大切さ、お家の人への「かんしゃ」の気持ちや、「おかげ」の気持ちを養い、穏やかで心優しい子供に育つよう私たちは「ありがとう」という言葉を大切に保育に取り組んでいます。

思いやりのある子

相手の立場に立って物事を考え、尊重する気持ちをもって行動できる子どもであってほしいと願っております。園生活を通じて人とかかわる力を養い、お互いに譲り合う気持ちを育てます。私たち教職員はその第一歩として、子どもたちとの信頼関係を大切にして保育に取り組んでいます。

元気な子

 運動神経の発達が著しい幼児期に、子どもたちは伸び伸びと体をたくさん動かすことで、身体だけでなく心も健康に育ちます。体操指導や、お外遊びで思いっきり遊ぶことを大切にしています。

 私たち八尾平和幼稚園では、「経験する」ことを大切にしています。楽しい経験だけではなく、悲しい経験・失敗した経験・頑張った経験などいろんな経験を通して子どもたち自身がよく考えて行動できるような保育を目指しています。

 

保育内容について

体操体操教室

体育文化協会のコーチによる体操指導を行っています。

 

 

 

音楽・絵画・造形

製作

音楽並びに絵画造形指導には、大学教授等専門家を招聘し、担任と共に指導に当たり、豊かな感性を培い、いろんな表現活動に親しみ創意工夫する力や表現力を養えるよう援助していきます。


文庫

集中する

3000冊程度の絵本があり、文字に親しみ読むこと聞くこと(集中力)を養います。すてきな絵本との出会いがありますように、週1回貸し出しをしています。

 

 

 

園外保育・栽培

公共交通機関を利用しての外出の機会を設けて社会ルールを身につけ、自然に触れる機会を多くし自然の恵みに感謝する心を育てます。幼稚園の前の菜園にて野菜などを育て、皆で収穫をして食べます。